どうしても育児日記が続かない方へ~母子手帳を活用してみませんか?~

こんにちは!かぁーなです♪



かぁーな主催:終活ガイド検定2級検定 10月16日(土)@新横浜



こんな手帳のブログやってたりしますが、
自分の日記は1年続いたことがありません。
1年どころか、1か月、、、いや、2週間続きません…

手帳や日記が続かない理由もわかります。
色んな事が忙しすぎて、手帳や日記を開くことが少なくなっていく
習慣化していないと、開かなくなるとそのまま忘れてしまう
こんな感じかと思います。

ただ、育児日記だけはどうにか続いております。
そんなかぁーなからの提案。
母子手帳活用してみませんか?

実は母子手帳は毎年、親が記入するページがついています。
出来事を細かくは覚えていなくても、うろ覚えでも大丈夫!

育児日記の代わり?代用?
出来る事だけ、やってみましょう♪♪

スポンサーリンク



やる事リスト

お子さんのお誕生日に母子手帳、出してみよう!

 1年に1度の貴重な日ですので、
 朝からママ・パパはお忙しいと思います。
 なので翌日でも良いです。
 お誕生日前後に必ず母子手帳を出しましょう。

親が記入できるページの記入

  設問にそって記入していきましょう。

  またフリースペースがありますので、
  出来るようになったことや、この1年でかかった病気、
  興味のある事、好きな色、等、
  思いついたことは記入していきましょう。

  書く事ないなと思ったら、携帯に保存されてる写真を
  見てみましょう。
  行った場所や思い出等、書けるかと思います。

身長体重などのページの記入

出席ノート等に、身体測定の結果が記入されていると思います。
それを見ながら、グラフに記入してみましょう。
改めてお子さんの成長を確認できるかと思います。
可能なら、今まで書いてなかった分も書けるといいですね!



母子手帳を触る時があったら、中身を見てみよう!

 予防接種等で母子手帳が必要な時があります。
 その時にはぜひ見直して頂き、
 直近であった出来事を記入しましょう

病気になったら、書き留めておこう

 実は後から、「いつどんな症状があったか」等、
 情報が必要な場合があります。
 看病している時は難しいかと思いますので、
 体調がよくなってからでも良いので、
 日付・症状だけでも書いておきましょう

実は色んな情報が載っている母子手帳

 病気の事や、市町村でカバーしてくれる内容が
 ぎっしりと書かれています。  
 やる事ないなぁと思ったら、地域の情報が手に入るチャンス!  
 母子手帳を見返してみるのもいいですね

手帳やカレンダーアプリに「母子手帳記入」と書いておこう

 ここまでせっかく読んで頂いても、
 お誕生日半年後だし…となったら、
 きっとお忘れになってるかと思います。

 手帳をお持ちの方は、手帳にご記入ください。
 カレンダーアプリでしたら、通知をONにして、
 必ず母子手帳を開けるようにしておきましょう。



まとめ

いかがだったでしょうか?

ちょっと意識するだけでも母子手帳を使う事が出来るようになります。

産まれる前から利用している母子手帳に 色んな内容を追加していけたら、
産まれた後から書き始める育児日記より 最強だと思いませんか?


育児日記を毎日書くのは面倒だけれど、
母子手帳への少しの記入は、
年に1度だけでも良いと思います。

是非ご活用ください♪

育児日記記入のモチベーション維持できる3つの方法【3日坊主の私だからこそのマル秘テク】

かぁーな主催:終活ガイド検定2級検定 10月16日(土)@新横浜


コメント