初めての乳がん検診

こんにちは!かぁーなです♡

書く事には関係ないですが

とても大切なこと☆彡

このブログをご覧くださっている方は
女性が多いため、書かせていただきました。

スポンサーリンク



はじめに

今まで受けた事ありませんでした。

先輩方から色々聞いていましたので、
少々恐怖がありましたが、
頑張っていってきました!

まだいかれた事ない方の
参考になれましたら幸いです★

ロッカーの番号

去年8月に受診予定だった

きちんと予約とって
病院からも各種書類が到着して…
書類に記入もして。

準備万端で受診日を待っていました。

ところが、職域のコロナワクチン、
数量の確保が難しい時期で
何故か接種日が4日も前倒しとなり。

予約していた乳がん検診日の
前日が接種日となってしまいました。

1回目接種後は特に何もなかったので
今回も大丈夫だろうとおもっていたのすが…

接種当日の夜中から発熱、
乳がん検診日当日の朝には、

ものすごい倦怠感で起き上がる事ができず…

携帯電話も持てなかったので、
夫に枕元に電話をセットしてもらい
乳がん検診予約キャンセルの電話をしました。

キャンセルの電話、しかも
当日の電話でしたのに、
「それは大変ですね。元気になられましたら、
 再度予約おとり直しくださいね」
とのお言葉までいただけました。

乳がん検診予約の取り方

病院の選定

初めてという事もあり、知識もなく
どこにしようかと迷っていました。

役所から到着した同梱書類の中に
検診が受けられる病院の一覧が入っていました。

その中から決める事に。

夫が以前に健康診断を受けた病院も記載有り、
「とても親切だったし、綺麗でよかったよ」
との事だったので、そこに決定♪


がん検診センターもある所なので
安心できたという所も大きな要因です。

予約


検診日の決め方


胸が張ってしまって痛い可能性があるので、
生理前後1週間は予約がとれないと
1回目の予約電話時に言われました。

ここで役に立ったのが、やっぱり手帳♪

フランクリンプランナーを手元に置いて
電話していたので、
自分の周期を記載しているページを開く。

2回目予約時は、わかっていたので、
事前に調べてから電話しました。

【調べ方】
 ①直近生理後~次回予定日1週間前の
  日付を書きだす。
 ②仕事やプライベートで受診不可日を削除。
 ③病院の検診可能日を調べる

この3つをやっておけば、
自分が受診可能日が複数確定するかと思います。


既に生理が来てからの予約でしたので、
「その日にちでしたら大丈夫そうですね」
と仰っていただきました。

予約もスムーズに完了しますので、
おすすめです♪

予約は電話

病院によりけりかと思いますが、
私が選んだ病院では、
電話予約のみでした。

仕事のランチ時に電話。
ランチタイムに電話が繋がる病院で
良かったです。

予約はコロナワクチンのせいで
2回取ってます。
(1回目はキャンセルした為)

2回とも、とても感じの良い対応でした。

以前送ってもらった書類は
書き損じ部分がある旨伝えると、
「では再送しますね」と仰っていただきました。

分からない事も聞けるので、
電話予約のほうが良い気がしますネ。
(昭和生まれだからか?w)

検診日当日の流れ


検温・消毒


今や常識となっていますが、
病院はとても厳重でした。

見張りの方がいらっしゃり、
必ず全員やってもらっていました。

受付時見ていると、
たまに5人ほど並んでいることも。

安心できる環境づくりをして頂いてる事に
感謝です。

がん検診センターへ


受付からは少し離れた所にあったようで、
特に表記がなく(見つけられなかっただけ)
職員の方に質問しました。

すると、
「床に緑の線が引いてあるので、

 これにそってエレベーターで3階までどうぞ」
と!!!

なんとわかりやすい☆彡

緑の線は、放射線科まで続いており、
迷わず到着できました♪

初めて来た病院だったので
とても分かりやすいのが助かりました。


受付


すぐ声をかけて頂き、受付開始!

記入してきた各種書類、
保険証を提出。

持っていってた、『7つの習慣』、
3行読んだら呼ばれました(笑)

そして『43番でお呼びします』と言われ

以後43番の方〜と呼ばれます。

お着換え


使用するロッカー番号は指定されていました。

どこ使おうかと迷わず済んで
そういう小さい事でもとても助かります。

初めての場所なのでなおさら。

乳がん検診なので、
上半身のみ着替えてくださいとの指示。

また、検診服以外に、
カーデガンも用意されており、
寒さを感じずに受信できました★

放射線室へ移動


ロッカー番号が記載された紙を受付に渡すと、
出てきたことがわかるようになっていました。

周りをキョロキョロしていると、即
「放射線科までご案内いたします」と
案内頂きました。

ここまで殆ど待っていません。

放射線室内

お着換えタイム


上半身のみ脱いでくださいと言われました。
特にズボンなどもそのままはいていたので、
問題ないようです。

(普通に金具などが付いたものでしたが

 履いたままでした)

カーデガンと検診服を脱ぎ、機械の前へ。

ご挨拶~説明


既にカルテは渡していたので、
準備は完了していたようです。

「色々聞いていたかと思いますので、
 痛いかもしれませんが、頑張ってくださいね」

と声をかけてくださいました。

また、4枚撮影すること、
疑問や痛みが強い時はすぐ言って下さい
と言っていただき、とても安心できました。

撮影


バリウム検査の時もそうなのですが、
技師さんの指示で体動かすのって難しくないですか?

どんな体勢、角度などの知識がない上に、
緊張もしているので、
いつも何度も聞いたり、細かい指示を
受けてしまいます。


今日はすぐ横に技師さんがいらっしゃったので、
背中や腕などをどんどん触られて、
角度を変えて頂き、とてもスムーズでした。

胸を触られることは殆どありませんでした。
(2回ほど、肋骨あたりを抑えつける行為有)

機械にピッタリ体を添わせ、
上から機械が降りてきて潰されていきます。

変な格好していますし、
潰さないと撮影ができないのは理解していました。

胸が痛いのかと思っていましたが、
胸の痛みは殆どありませんでした。

その代わり、首の筋?皮?が痛かった!
引っ張られて痛いといった感じです。

最後は首の皮が伸びちゃったんじゃないかと思うほど、
引っ張られたぁ!(笑)

撮影が終わると、
「これで完了ですので、お着換えいただいたら、
 ロッカー室までお戻り下さい」
と。

撮影は10分~15分程度だったかと思います。


受付→お着換え


ロッカー戻る前に受付へ。
すぐ対応頂き、

「本日は完了ですので、お着換えされたらお帰り下さい」
と。

着替える時間も含めて40分程ですべて完了。

とてもスムーズに終わりました。

結果について


市の検診だと結果がでるまで
2か月ほどかかるとの事でした。

郵送されるとの事ですので、
気長に待ちたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初めての事は本当に怖いです。
しかも「痛い」と聞いている物ですからね…

ただ、またここでも「7つの習慣」が出てきますがw

「第二領域」として自分の素敵な将来の為、
今できる事をきちんと計画していきます。

1度目は、せっかくの計画も、
「ワクチン接種日変更→体調不良」
という不可避事項にて延期となってしまいました。

計画を練り直し、
今月ようやく受診することができました。

これからも大切だと思う事を
きちんと計画立てて実行していきます。

皆様も、がん検診という

「第二領域」をぜひ大切にして頂きたく、
ブログにいたしました。

もしがん検診の案内が来ているようでしたら、
是非受診されてくださいね★

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村


手帳・手帳術ランキング

コメント